menu

ICD 札幌ICD Sapporo

北海道札幌市を拠点としたニアショア開発。
公共系システム開発からWebシステム開発、そしてIoTやVRに至るまで、
様々な開発を手がけています。
 「常にお客様に寄り添い、プロジェクトを成功に導く」「新しい技術に挑戦し、追求していく」
をコンセプトにお客様の課題を解決します。

ニアショア開発サービス

札幌を拠点に、低コスト・高品質のシステム開発を実現するICD札幌開発センターのニアショア開発サービスは、ICD札幌開発センターを拠点として、これまでICDがシステム開発で培ってきたノウハウをフルに生かし、高品質のシステム開発を低コストで実現いたします。

ニアショア開発サービス

北海道(札幌)が選ばれる理由

  • 価格競争力

    • 東京のエンジニア単価と比較して約70%~90%の単価
    • 札幌の物価で驚くのが家賃。東京の半分程度が相場
  • 優秀な地元エンジニアに集う

    • 北海道大学をはじめ、千歳科学大学、はこだて未来大学などIT教育機関が数多くある。
    • 北海道、東北地方の優秀なエンジニアは札幌、仙台などに集まる傾向にある。
  • 東京とのシナジー

    • 東京に本社があるIT企業の支店が札幌に多く進出しており「東京X札幌」体制でのシナジー効果
    • 価格競争力を武器に東京側で営業、札幌側で開発という体制面でのコストメリット
  • おおらかで真面目な道民性

    • 札幌メンバーを見るとまさに「真面目」、数々の難しいミッション忍耐強く解決していきます。
  • 北海道の良いところ

    • 四季折々の気候、おいしい食べ物、コンパクトで便利な都市、郊外に広がる大自然

ICD札幌のニアショア開発

システム開発におけるコストと品質の課題を解決

  • コストを抑えたいが、海外だと品質に不安がある
  • コストは抑えたいが、仕様・進捗状況等開発状況を随時把握しておきたい
  • それほど大きな規模の開発ではないが、できるだけコストを抑えたい

ICDのニアショア開発サービスは
このような課題を解決します!!

ニアショア開発ならではのメリット

  • コスト削減

    コスト削減

    開発の中心を札幌で行うことで、開発コストを削減いたします。
    また、札幌を拠点としたニアショア開発ならノウハウを国内に残せるため、資産(ノウハウ)を長期的に運用することで長いスパンでのコスト削減につながります。

  • 安心の体制を構築

    安心の体制を構築

    ICD札幌ではシニアシステムエンジニアをブリッジに配置し、ニアショア開発で発生することの多い、仕様取り違いなどの問題点を解消します。加えて、進捗状況のご報告やお客様の要望に即時対応できる体制を構築します。

  • 大規模案件に対応

    大規模案件に対応

    ICD札幌では、高い営業力を活かし優秀な人材を安定して確保しているため、中小規模の案件はもちろんのこと、大規模な案件にも対応可能です。

  • メイドインジャパンの高品質で開発

    メイドインジャパンの高品質で開発

    ICDのニアショア開発サービスなら、しっかりとした開発ルールに加えて、クオリティの高い様々なテストを実施できるテストサービスもご用意しておりますので、コストを抑えて高い品質を保ったニアショア開発を実現いたします。

ICD札幌の技術実績

  • 得意分野

    システム分類
    公共や企業の基幹系システム、組込系、機器制御系、コンテンツ系など
    言語
    java、C++、C#、PHP、.net系
  • 今後取り組む分野

    組込IoTやインフラ構築にもの力を入れていきます。

    今後取り組む分野
    • 要件定義~運用
    • 基本設計~システムテスト
    • 詳細設計~結合試験
    • 製造~単体試験
    • テスト

ICD札幌の魅力

仕事力
自主性・主体性をもってプロジェクトを回し成功に導きます。この自主性や主体性はICD札幌の強みです。
定例会で現状の問題点を共有、解決策をみんなで模索します。
その他
春夏秋冬行事イベント(お花見、観楓会、忘年会)※
食事会で親睦を深める※
メンバーの趣味が様々なので色々な事に参加可能(スキー、スノボ、ゴルフ、バイク、アニソン、ダーツetc)※
『北海道で働きたい』『北海道以外では働きたくない』を大切に!地元愛あるメンバーを積極的に採用します。

※自由参加(食事会も他イベントも参加するかしないかは本人の自由です)

お問い合せはこちら